商用利用可で無料ダウンロードできるフリーフォントを字形で比較して探せるだす!

オールドスタイルのゴシック体

2013年05月24日

文字のネタ


日本でゴシック体が作られた時、漢字とカタカナはあるけれども平仮名は明朝体しかない時期があったようだ。

平仮名は元来崩し文字であり、筆跡があるためゴシック体にするのが凄く難しかったらしい。

筆跡を繋げるか、切るかとか、試行錯誤の結果、明治末期に完成度の高いゴシック体が登場し、大正末期から昭和初期にかけて一般的に使われるようになったと言われている。

で、このころのゴシック体がデジタルフォントで復刻されている。ズッコけた骨格がなんとも味わい深い。


関連する記事

石井ゴシック体とその派生書体の年表

大好きな石井ゴシック体と派生書体の情報を資料としてまとめていきたいと思います。 字形が確認できるものや、詳しい情報、掲載…

「こぶりなゴシック」の1がIみたいな理由

大阪で組版をされている方から、写植の文字盤、「石井中ゴシック体(MG)」の記号サブプレートを頂いだきました。 これを眺…

明朝体研究

私は、数年前から日本のやゴシック体はどのようにして誕生したのかという歴史や、好きな明朝体のルーツを調べたり研究しています…

日本人だけが先入観で読めないフォント「エレクトロハーモ二ー」

テレビ「スッキリ!」で「日本人だけが先入観で読めない」フォントを紹介していた。 カナダ出身名古屋在住のレイモンド・ララ…

【教育漢字・学習漢字】学年別漢字配当表(1,006字)

小学校では1年生から6年生の間に1,006の漢字を教わります。常用漢字のなかでも特に使用頻度が高い文字が選ばれているそう…

ページの先頭へ