フリーフォント(商用利用可のみ)の紹介・比較と文字のネタを現役デザイナーが紹介FONTDASU

「こぶりなゴシック」の1がIみたいな理由


大阪で組版をされている方から、写植の文字盤、「石井ゴシック体」の記号サブプレートを頂いだきました。

これを眺めたら、石井ゴシック体に凄く影響を受けていると個人的に思っている「こぶりなゴシック」の1がIみたいな理由が分かる気がします。

教えていただいた情報に酔よると、この文字盤を出した写検はのちにセリフ付の1を出したとの事です(未確認)。

サンセリフは名の通りセリフがない書体なので、基本的に1もセリフがないのが自然だと思うのですが、1からセリフをなくすと分かりにくいので、ついている書体が多いのだろうか。


関連する記事

こぶりなゴシックと石井ゴシック

こぶりなゴシック、大尊敬する石井茂吉(もきち)氏がデザインしたゴシック体の金字塔『石井ゴシック体』に(仮名書体のみ)似…

清和堂アンチック体 仮名

漫画のセリフで使われる文字は、漢字がゴシック体で仮名が明朝体なのです。しかも普通の明朝体ではなくゴシック体の漢字に合わ…

謎の石井ゴシック系ゴシック体をトイレで発見

こないだ、地元の郵便局でもよおして、局員専用のトイレを借りた時に発見した珍しいゴシック体を文字好きの方々に共有します!…

たづがね角ゴシックと源ノ角ゴシックとヒラギノ角ゴシックを比較してみた

たづがね角ゴシックと源ノ角ゴシックとヒラギノ角ゴシックを比較してみた。ついでなので他のゴシック体もいくつか混ぜています…

モノタイプ社初のオリジナル日本語書体「たづがね角ゴシック」

先週の土曜日にヘルベチカやフルテイガーを持つ世界最大のフォントベンダーのモノタイプ社でフォントを作られている小林章さん…

ページの先頭へ