フリーフォント(商用利用可のみ)の紹介・比較と文字のネタを現役デザイナーが紹介FONTDASU

ゴナに一番近いデジタルフォントを考える

2017年03月30日

フォントブログ, 書体比較


ゴナは1975年に中村征宏さんによって作られた、一世を風靡したモダン角ゴシック体です。書体名は「ゴシック」「ナカムラ」が由来のようです。

1970年代生まれの私はギリギリ知っているレベルです。なので私より若いデザイナーはゴナを知る由もなく、街でゴナを見ても類似のモダン角ゴシックである新ゴだと思う人は多いと思います。

ゴナと新ゴ、それぞれの書体を比較するとやはりゴナのほうがバランスが良い。「あ」の2画目の位置とか「る」を見比べると良く分かります。

ゴナの特徴は三角目と四画目が繋がっている「な」でしょう。ゴナ以前でここが繋がっている書体は「タイポス」位しか思い浮かばない。(佐藤敬之輔さんがここが繋がっている書体を作られたという話を聞いたことがありますが確認できていません。)ちなみにゴナを作られた中村さんはタイポスに影響されているとの事。

「な」という字の形は、どこか人の顔に似ていて三角目の点は眉毛に見えてきます。なので右上がりの点だと怒った顔、右下がりだと優しい顔に見える時がある。タイポスやゴナはここが横線になっているのがとてもクール。

話を本題に戻しまして、ゴナに一番近いデジタルフォンはやっぱり新ゴなんでしょうかね。 ヒラギノAD(AD=アド=広告用?)も近いしバランスもいいのですが、「な」のあそこが繋がっていないのが残念。

TA風雅角ゴシック、LSN太角ゴシック、SN角ゴは、作品著作権的にグレーな感じがするので割愛させていただきました。


関連する記事

たづがね角ゴシックと源ノ角ゴシックとヒラギノ角ゴシックを比較してみた

たづがね角ゴシックと源ノ角ゴシックとヒラギノ角ゴシックを比較してみた。ついでなので他のゴシック体もいくつか混ぜています…

フリーフォント基本書体3選

『モリサワ7書体パック』とか、有料フォントでは各フォントベンダーがゴシック体・明朝体を中心に定番の書体をパックにして売っ…

源ノ角ゴシックとヒラギノ角ゴシックを比較してみた

4日前の16日にAdobeがGoogleは日中韓3カ国語に対応オープンソースフォントを無償公開しました。 Adobeは…

謎の石井ゴシック系ゴシック体をトイレで発見

こないだ、地元の郵便局でもよおして、局員専用のトイレを借りた時に発見した珍しいゴシック体を文字好きの方々に共有します!…

モノタイプ社初のオリジナル日本語書体「たづがね角ゴシック」

先週の土曜日にヘルベチカやフルテイガーを持つ世界最大のフォントベンダーのモノタイプ社でフォントを作られている小林章さん…

ページの先頭へ