フリーフォント(商用利用可のみ)の紹介・比較と文字のネタを現役デザイナーが紹介FONTDASU

ナショ文字(ナショナル体)


ナショ文字をご存知でしょうか、ナショ文字とは1937年から1987年まで松下電器産業(現・パナソニック)のロゴ用の書体として制定されていた書体です。ナショナル体とも呼ばれていました。1937年に生まれたという事は今年で80年ですよね。感慨深く思います。

この書体は松下電器だけでなく、いろいろな会社や人が真似てロゴにしていたと記憶しています。

ゲーム会社ナムコの全身である中村製作所や、関西のパルナス、クレージーキャッツのビデオやCD、電気グルーヴ、明和電機のロゴ等。

フリーフォントでも、C.M. BreakNationalyzeAstroZ-KatakanaGD-ノスタルマシーンズJA-OTFTowerGothic KTアトミック851レトロゴFGカワイイ『続・和文フリーフォント集』に収録)等がナショフォントに影響を受け、独自の解釈で作られているとみうけられます。


関連する記事

アディダスの広告に使われている幾何学的な日本語書体

アディダスの広告に使われている、超モダンというか、幾何学的というか、ポップで明るくて、未来的な日本語書体が使われていた…

懐かしき昭和の家電ブランドロゴをモチーフにしたカナ書体「ナイショ文字」(Ver. 1.001)6月25日更新

懐かしき昭和の家電ブランドロゴをモチーフにしたカナ書体です。過去に他の何人の方が同じモチーフでフォントを作られていまし…

ビックリマンシールで使われている書体

最近、コンビニでキン肉まんとビックリマンがコラボしているのを見かけ、ビックリマンの人気は長いなあと感じています。 ビッ…

「JRスノーリゾート2016-17 WINTER」のLPで使われている書体。

仕事でいろんなサイトをリサーチしていたら、見たことのない長体がかかったかわいい手書き風な骨格のゴシック体を使っているL…

フリーフォント基本書体3選

『モリサワ7書体パック』とか、有料フォントでは各フォントベンダーがゴシック体・明朝体を中心に定番の書体をパックにして売っ…

ページの先頭へ