とっぽいゴシック(開発中)




綺麗なゴシック体なんてクソくらえ。人間味溢れる泥臭いゴシック体が好きなんだ。

オールドスタイルゴシック体フォントをつくりはじめました。

新聞活字ゴシック体(YSEG〈新聞特太ゴシック体〉の元になったと思われる活字書体)、民友社初号ゴシック体、藤田活版初号ゴシック体を参考に、バランスを整えアレンジを加えた、見出し用ゴシック体です。

これら書体の源流をたどると東京築地活版製作所の活字が元になっているんだと思います。

かな民友ゴシックや、ますらお(欣喜堂)が大好きだったので、自分でも作ってみたいと昔から思っていました。このずっこけた感じのフォルムがたまりません。


最高にロックなゴシック体を目指す。

“とっぽい”とは、キザで不良ぽい、間抜け、大きい・太いという意味があるそうで、このゴシックにぴったりと思って名付けました。ちなみに、“たっぽい”ではありません。それはTOM☆CATです。(笑)

とっぽいゴシックのデザイナーは、文久見出しゴシックや、新聞活字ゴシック、YSEGに見られる「は」の一画目等の「筆の運びを感じさせるハネ」のフェチです笑。最初嫌いだったのに臭い豚骨ラーメンにハマっていくようにハマってしまいました。「とっぽいゴシック」は、これを前面に押し出していきたい。

フォントファイル化も考えていますが、源石ゴシックとセットでフリーフォントにするか(この場合源石ゴシックのウエイトに変更しなければなりません。)、それとも、かなのみで有料(900円)にするか、まだ考えていません。

こういう見出し用オールドスタイルゴシック体の需要があんあまりないように感じます。使いたいよって言う方いらしたら「#とっぽいゴシック」で使いたいと言っていただけたらモチベーションが上がります!

以下は開発中のものです。


豊富な感嘆符と疑問符 もちろんデフォルトは斜め雨だれ

拗促音は一般的に親文字に対して80〜84%で作るんですが、小さめにしたくて58%にしています。


「俺のゴシック」を実現できる異体字(オルタネート)

有料版のみ以下のボーナストラック、もとい、ボーナスグリフ(異体字)を収録予定。好きな字形を選択して「俺のゴシック」を実現できます。