商用利用可で無料ダウンロードできるフリーフォントを字形で比較して探せるだす!

石井中明朝体OKLに一番近いデジタルフォントを考える

2017年03月28日

フォントブログ, 書体比較


私は、石井中明朝体OKLが大好きです。 80年代の雑誌や広告などで、このかながツメ組みされているのを見るだけでもうっとりしてしまいます。

OKLは写研の創業者である石井茂吉さんが、東京築地活版製造所の12ポイント活字を模した書体です。 同じ築地活版の五号活字がルーツといわれています。

しかし、写植の書体なのでデジタルフォントとして利用できません。 ならば一番印象が近い他社のデジタルフォントは何か比較して考えてみました。

人気のA1明朝はとても似ているのですが、「た」や「か」が意図的に似せないように作り変えている感じがして、しかもOKLのスマートな洗練さが失ってしまっています。

筑紫Aオールド明朝はインパクトがあって好きなのですが、ちょっと癖があるし、

游明朝体は五号かなも好きなのですが、ぱきっとしているというか、OKLのしなやかさがないし、

本明朝新がなはOKLに似ているといわれるけど比較したらぜんぜん似ていない。

やはり、リュウミンMKOでしょうか。 雑誌等でOKLの代用としてよく使われているみたいです。


関連する記事

アディダスの広告に使われている幾何学的な日本語書体

アディダスの広告に使われている、超モダンというか、幾何学的というか、ポップで明るくて、未来的な日本語書体が使われていた…

清和堂アンチック体 仮名

漫画のセリフで使われる文字は、漢字がゴシック体で仮名が明朝体なのです。しかも普通の明朝体ではなくゴシック体の漢字に合わ…

鈴木茂「バンドワゴン」(1975)のLPの書体

好きなレコードジャケットに使われている書体を調べてみるシリーズ。 BAND WAGON Shigeru Suzuki:…

ゴカールに一番近いデジタルフォントを考える

「ゴカール」は1985年に写研から発表された、かな書体です、ゴナEと混植して使用するためのかな書体として開発されたよう…

「JRスノーリゾート2016-17 WINTER」のLPで使われている書体。

仕事でいろんなサイトをリサーチしていたら、見たことのない長体がかかったかわいい手書き風な骨格のゴシック体を使っているL…

ページの先頭へ