フリーフォント(商用利用可のみ)の紹介・比較と文字のネタを現役デザイナーが紹介FONTDASU

謎の石井ゴシック系ゴシック体をトイレで発見


こないだ、地元の郵便局でもよおして、局員専用のトイレを借りた時に発見した珍しいゴシック体を文字好きの方々に共有します! 「を」と「し」が珍しい!

調べてみたところ、たぶんこの書体は石井太ゴシックの初期版、もしくはモリサワの「太ゴシック体B1」の前に出ていた太ゴシックかなあと思うのですが、となるとこのプレートは1960年代かそれ以前に作られた?!

以下のホンダのカタログの「ないものをつくれ。」の書体が太ゴシック体B1です。


関連する記事

こぶりなゴシックと石井ゴシック

こぶりなゴシック、大尊敬する石井茂吉(もきち)氏がデザインしたゴシック体の金字塔『石井ゴシック体』に(仮名書体のみ)似…

「こぶりなゴシック」の1がIみたいな理由

大阪で組版をされている方から、写植の文字盤、「石井ゴシック体」の記号サブプレートを頂いだきました。 これを眺めたら、石…

清和堂アンチック体 仮名

漫画のセリフで使われる文字は、漢字がゴシック体で仮名が明朝体なのです。しかも普通の明朝体ではなくゴシック体の漢字に合わ…

フリーフォント基本書体3選

『モリサワ7書体パック』とか、有料フォントでは各フォントベンダーがゴシック体・明朝体を中心に定番の書体をパックにして売っ…

たづがね角ゴシックと源ノ角ゴシックとヒラギノ角ゴシックを比較してみた

たづがね角ゴシックと源ノ角ゴシックとヒラギノ角ゴシックを比較してみた。ついでなので他のゴシック体もいくつか混ぜています…

ページの先頭へ