商用利用可で無料ダウンロードできるフリーフォントを字形で比較して探せるだす!

トンネルとスーボ


今日、会社にモリサワパスポートのアップデート通知が来た。

トンネルとゆう名の極太で喰い込み線がある丸ゴシックが新書体として追加されていたんですが、ヒラギノを作った会社の創業者の故鈴木勉さんがデザインしたスーボにそっくり。

スーボは昔ドラえもんとかの漫画でよく見かけたけど、今は絶滅寸前。


関連する記事

ビーチボーイズ「ペットサウンズ」(1966)のLPの書体

好きなレコードジャケットに使われている書体を調べてみる。 クーパーブラックは、オズワルド・ブルース・クーパー(米国)が…

こぶりなゴシックと石井ゴシック

こぶりなゴシック、大尊敬する石井茂吉(もきち)氏がデザインしたゴシック体の金字塔『石井ゴシック体』に(仮名書体のみ)似…

ビックリマンシールで使われている書体

最近、コンビニでキン肉まんとビックリマンがコラボしているのを見かけ、ビックリマンの人気は長いなあと感じています。 ビッ…

ブラシで書いたような数字の書体「ポックス」

私は社会に出たばかりの時に大阪・心斎橋にあったデザイン事務所で働いていたんですが、DTPでスーパーのチラシをつくってい…

フリーフォント「しっぽり明朝 流」源流明朝としっぽり明朝のコラボレーションフォント

台湾の文字好きで日本の写植の文字等にも凄く詳しいBut Koさんが作られた源流明朝の漢字としっぽり明朝の仮名を合成したコ…

ページの先頭へ