商用利用可で無料ダウンロードできるフリーフォントを字形で比較して探せるだす!

となりのトトロのポスターに使われている書体


となりのトトロのポスターに使われている書体を調べてみる。

忘れ物を、届けにきました。:ゴナ+ロゴライン
となりのトトロ:大蘭明朝ニュースタイル大かな(長体)
このへんないきものは、まだ日本にいるのです。たぶん。:ゴナ+ゴカール

ところでこのポスター変だと思いませんか、左の女の子は誰? サツキ? メイ?

本編ではこのシーン、サツキがメイをおんぶしているんです。

調べた結果、当初の設定では、女の子はひとりだけだったそうです。

次の文章は、はスタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫著『映画道楽』(ぴあ、2005/4、126~128頁)からの引用です。 タイトルロゴへのこだわりが垣間見えます。

僕がいつも言うのは、タイトルロゴです。
ロゴの書体を明朝体かゴシック体にする。これが大基本です。
最近では、書き文字もありますけれど。
自分が編集者として培って来た仕事で、読みやすいのは明朝体とゴシック体だと思うんです。
例えば「となりのトトロ」と「火垂るの墓」の二本立てでは「となりのトトロ」が明朝で、「火垂るの墓」がゴシックなんです。
普通「となりのトトロ」のようなタイトルの場合、明朝やゴシックは絶対に使わないはずなんです。
だいたい漫画文字みたいな書体にして、明朝のような書体からは一番外れた感じにするわけですね。
「火垂るの墓」にしても、通常ではこのタイトルでは明朝を使う。
それをわざとゴシックにしてみるとかね。
「魔女の宅急便」や「おもひでぽろぽろ」も、基本はタイトルロゴが明朝なんです。
こういう書体を使うのは、「これはお子様向け作品ではありませんよ」
というアピールでもあります。「となりのトトロ」なんて、放っておいたら絶対にお子様向けでしょう。
でも、いわゆるお子様向けのロゴデザインは避けたんです。
そのことによって、他のアニメーション映画との差別化も出来るわけですね。
また、明朝やゴシックにすると高級感が出るんですね。
どこかで「安っぽい作品じゃないんだ」と言いたいんです。


関連する記事

謎の石井ゴシック系ゴシック体をトイレで発見

こないだ、地元の郵便局でもよおして、局員専用のトイレを借りた時に発見した珍しいゴシック体を文字好きの方々に共有します!…

フリーフォント基本書体3選

『モリサワ7書体パック』とか、有料フォントでは各フォントベンダーがゴシック体・明朝体を中心に定番の書体をパックにして売っ…

たづがね角ゴシックと源ノ角ゴシックとヒラギノ角ゴシックを比較してみた

たづがね角ゴシックと源ノ角ゴシックとヒラギノ角ゴシックを比較してみた。ついでなので他のゴシック体もいくつか混ぜています…

アディダスの広告に使われている幾何学的な日本語書体

アディダスの広告に使われている、超モダンというか、幾何学的というか、ポップで明るくて、未来的な日本語書体が使われていた…

石井ゴシック体とその派生書体の年表

大好きな石井ゴシック体と派生書体の情報を資料としてまとめていきたいと思います。 字形が確認できるものや、詳しい情報、掲載…

ページの先頭へ