フリーフォント(商用利用可のみ)の紹介・比較と文字のネタを現役デザイナーが紹介FONTDASU

源ノ角ゴシックとヒラギノ角ゴシックを比較してみた

2014年07月19日

フォントブログ, 書体比較


4日前の16日にAdobeがGoogleは日中韓3カ国語に対応オープンソースフォントを無償公開しました。

Adobeは「源ノ角ゴシック(げんのかくごしっく/Source Han Sans)」、Googleはそれの英字他が異なる「Noto Sans CJK」というフォントを別々で公開しています。

日本の漢字は1万7千字程度収録されており字の太さは7種用意されている。これで無償かつオープンソースフォントだから凄い。

某所でヒラギノ角ゴシックになんとなくにていると、書体を比較する画像をつくっている人がいたので見たのですが、個人的にはヒラギノ角ゴシックのほうがちょっとモダンな感じに思います。源ノ角ゴシックの「き」や「さ」等が学参書体のように筆の筆脈が切れていたりオーソドックスな骨格は本蘭ゴシックに似ている感じがします。


関連する記事

たづがね角ゴシックと源ノ角ゴシックとヒラギノ角ゴシックを比較してみた

たづがね角ゴシックと源ノ角ゴシックとヒラギノ角ゴシックを比較してみた。ついでなので他のゴシック体もいくつか混ぜています…

フリーフォント基本書体3選

『モリサワ7書体パック』とか、有料フォントでは各フォントベンダーがゴシック体・明朝体を中心に定番の書体をパックにして売っ…

モノタイプ社初のオリジナル日本語書体「たづがね角ゴシック」

先週の土曜日にヘルベチカやフルテイガーを持つ世界最大のフォントベンダーのモノタイプ社でフォントを作られている小林章さん…

アディダスの広告に使われている幾何学的な日本語書体

アディダスの広告に使われている、超モダンというか、幾何学的というか、ポップで明るくて、未来的な日本語書体が使われていた…

「こぶりなゴシック」の1がIみたいな理由

大阪で組版をされている方から、写植の文字盤、「石井ゴシック体」の記号サブプレートを頂いだきました。 これを眺めたら、石…

ページの先頭へ